ピアノ買取相場はいくら?

ピアノを高く買い取ってもらうポイントは?

ピアノを高くかいとってもらうには?

 

思い入れのあるピアノを手放すのですから、せっかくなら高価で買取ってほしいですよね。以下のポイントをチェックして、査定価格を上げて高価買取を実現しましょう。

 

品番と製造番号をおさえる!

 

品番・製造番号はピアノの身分証明書のようなもの。これが明確であるということは査定価格を高めるうえでとても大切なことなのです。ご自身で品番・製造番号を消したり改変したりすることはないと思いますが、うっかり傷などがついて数字が潰れないようにご注意ください。また、もし次回ピアノを購入されるなら、この品番・製造番号が明確なものを選ばれることをおすすめします。

 

 

ピアノの状態が良い!

 

当然ですが、状態の悪いピアノの買取価格は下がってしまいます。定期的にお掃除をしてあげることが大切です。タバコのヤニや室内のほこりが付着しないようにすることはもちろん、カビの発生にもご注意ください。また、プロのクリーニングサービスを受けるのもひとつの手です。

 

 

きちんとメンテナンスをしている!

 

きちんと整備されていてきれいな音を出せるピアノは、査定価格が高くなります。逆に、調律や修理などを行っても演奏が難しい場合、査定価格が低くなる、あるいは買取できないことがあります。

 

ピアノ買取のトラブルってある?

ご家庭でねむっているピアノを業者に買い取ってもらう際に、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。思い出のつまったピアノを売る時、出来ればトラブルにまきこまれずスムーズに行いたいですよね。
トラブルに合わないようにするためには、業者選びを慎重に行う必要があります。まずはお手持ちのピアノの相場を知るために、複数の業者さんから見積を取ることをお勧めします。時間のある方は1件1件お問い合わせをして見積もりを出してもらってもよいのですが、お忙しい方には複数の業者さんから一括に見積もりを出してもらえる一括見積もり業者がとても便利です!

 

ピアノを売る際よく起きてしまうトラブルには、以下の物が多くあります。

 

1)査定額と当日渡さられる金額が違うケー
ちょっとしたキズなど難癖をつけて当初の査定額よりどんどん買取金額を下げられてしまう場合があります。見積もりの時に「引き取りの時に査定が下がったりしませんよね?」と確かめておく事をお勧めします。

 

2)出張費などとして、追加料金を請求してくるケース
まれに見積もりや運搬料を請求してくる業者もあります。前もって確認しておきましょう。

 

3)ピアノを引き取りに来た際に業者側からキャンセルをされてしまうケース
実際のピアノの状態が査定で伝えた時より大きく違う場合、引き取り当日に取引をキャンセルされてしまう場合もあります。これを避けるためには、査定の時に、大きなキズや水害、害虫被害にあった場合などピアノの状態は正直に伝えましょう。キャンセルされて出張料を請求されてしまう可能性もあります!

 

4)相場より大幅に安く買われてしまうケース
お手持ちのピアノの相場を知るために、一社からだけでなく、ピアノの査定を多くの業者に依頼することをお勧めします。一括に複数の業者から査定を無料でとってくれる、一括査定業者がとても便利です。
 
5)ピアノを運び出す際に家を傷つけられてしまうケース
運び出しに立ち会い、傷つけられてしまった際にはしっかり修理代を請求しましょう。後から気がついたのでは遅すぎる場合があります。

 

以上のようなトラブルがピアノの買取の時よく起きてしまう事があります。事前準備で、安心して思い出のつまったピアノをより高く買い取ってくれる業者を見つけて下さい!